茨城の樹木など by さのる

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊野那智大社の樟(くす)と熊野古道大門坂

<<   作成日時 : 2006/08/11 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

しばらくお休みしていましたのは、会社の夏休みが取れたので、数日で大阪・鳥取・紀伊半島という過激なコースへ出かけてきたからでした。特に樹木を見に行ったわけではないのですが、途中で1つ天然記念物を見つけました。熊野那智大社の樟は、和歌山県指定の天然記念物で、樹齢約800年と推定されています。
画像

熊野三山造営の勅使として参った平重盛の手植えの樟と伝えられているそうです。見ていただけばお分かりのとおり、すごく大きい樹です。樹高27m枝張り25mだそうです。


あと、那智の滝へ向かう途中に立ち寄った熊野古道の大門坂には大木が多く、1本1本が文化財でもおかしくない立派な樹ばかりで、これくらいでないと、世界遺産には登録されないのかもしれないと思わせる木々がありました。ちょうどお参りの女性が通りかかられたので、1枚写真を撮らせていただきました。
画像

[2006.8.7.和歌山県東牟婁郡那智勝浦町]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
熊野古道
熊野古道紀伊山地の霊場と参詣道は、和歌山県・奈良県・三重県にまたがる、寺院や参詣道などの総称。2004年7月1日、世界遺産に登録されることが決まった。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- Histor... ...続きを見る
占いから不思議なものまで
2006/08/23 03:45
大門坂
大門坂大門坂(だいもんざか)とは、和歌山県の那智勝浦町にある熊野古道中辺路の世界遺産に指定されている坂道である。かつて坂の入り口に大門が建っていたことが名称の由来とされる。樹齢数百年の深い杉木立の中に石畳の道が続く。坂を上りきったところに青岸渡寺と那智滝、熊野那智大社がある。.wikilis{fon... ...続きを見る
占いから不思議なものまで
2006/10/06 01:50
熊野古道(和歌山県串本町)
 熊野古道大辺路街道が本来、現在の国道42号付近にあった可能性が高くなった。  明治時代の田原村(現串本町田原)の地図「字図」で確認したという。[紀伊民報] ...続きを見る
☆★☆★☆ 古今チップス ☆★☆★☆ 〜...
2006/11/01 13:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熊野那智大社の樟(くす)と熊野古道大門坂 茨城の樹木など by さのる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる